アサドに聞く。 私の両親は長男と次男の結婚に反対しています。 どのように説得すればよいのでしょうか?

親愛なるアサドさん、
私はいとこを愛しており、彼女と結婚したいと思っています。 彼女も私を愛しており、同じように望んでいますが、彼女は私の二重の従姉妹であるため、私たちの家族は反対しています。
彼女の母は私の父の妹であり、彼女の父は私の母の兄です。 私の家族はいとこのことをとても気に入っていますが、私たちが愛し合っていることを知ると、私たち、特にいとこにとっては厳しい生活になりました。
アサドに質問です。 私のガールフレンドは自殺願望があります。
私たちの家族は、このような二重のいとこ結婚はまったく不可能で、将来的に多くの問題を引き起こすと主張しています。
しかし、私は多くの医師や医学教授と私たちのケースについて話し合い、全員が結婚にGOサインを出してくれました。 親を説得する方法を教えてください。
二人の従兄弟
親愛なる二人の従兄弟へ
従兄弟同士の結婚は、特に私たちの地域では非常に一般的で、西洋メディアや社会が否定的に描いているほど、この結婚から生まれる子供には、病状に関してそれほど危険はない、というのが現実です。
あなたの質問に対する証拠に基づく答えを求めてインターネットで調べているうちに、遺伝学に関する研究に出会いました。
ワシントン大学の医学とゲノム科学の名誉教授で、このレポートのシニアオーサーであるArno Motulsky博士が行ったこの研究は、The Journal of Genetic Counselingに発表されました。
全米遺伝カウンセラー協会によって招集されたパネルであるこの研究の研究者は、何千もの出生を含む35年間に行われた6つの主要な研究のレビューに基づいて結論を出しました。
アサドに聞く。 子育てへの執着がどうにもならない。 助けてください!

いとこ同士が結婚して子どもを持つことについて、彼らの報告書には次のように書かれています。
「いとこ同士の結婚を阻止する生物学的な理由はない。 広く信じられていることとは逆に、いとこ同士は先天性欠損症や遺伝性疾患の大きなリスクなしに子供を作ることができます。 一般集団において、子供が重大な医学的問題を抱えて生まれてくるリスクは3~4%である。その背景リスクに対して、いとこ同士はさらに1.7~2.8%ポイント追加しなければならない。 この増加はリスクがほぼ2倍になることを意味するが、この結果はいとこが子供を持つことを躊躇させるほど大きいとはまだ考えられない。 最悪の場合、つまり7%でも、93%は何も起こらないのです」
最初のいとこは、血のつながらない親よりも、深刻な先天性欠損症の子供を持つ可能性がいくらか高いが、そのリスクの増加は、多くの人が考えるほど大きくはない。
医学遺伝学者は長い間、いとこが結婚して子供を持つことにほとんど害はないことを知っていた。 この現象を世界中で研究している科学者たちは、先天性欠損症や死亡率のリスクは、以前考えられていたよりも低いという証拠を発見しています。
しかし、あなたが直面している苦境は、あなたが結婚したいと思っている女性が、あなたの最初のいとこであるだけでなく、二人の最初のいとこであるということなのです。 そのため、この問題についての科学的な研究はあまり行われておらず、それについてのデータもあまり存在しない。 ただ、アフガニスタンでは、近親婚の6.9%が二重の初従姉妹という事実がありました。
このような理由から、まずは医師や医学部教授だけでなく、遺伝医学の専門家にリスクの増加について相談することを強くお勧めします。 これらの専門家は、うまくいけば、あなたがリスクを理解し、それに応じたアドバイスをしてくれるはずです。
Ask Asad: どうすれば先延ばしの罠にはまらないようにできますか?
また、いとこの夫婦がすでに既知の遺伝病を持っている場合、その子孫が直面するリスクは跳ね上がる可能性があります。 専門家によると、そのような子供の4人に1人は何らかの障害を持つことになるそうです。
パキスタンのような保守的な社会では、たとえ科学的事実が間違いだと証明されても、タブーを破り、根深い考えや長い間の伝統に逆らうことは困難です。 そのため、いとことの結婚に有利な最新の医学的研究結果を得ても、家族が受け入れなかったりすることがあるのです。
Take care!
Asad
Asadはカウンセラー、ライフコーチ、インスピレーションスピーカー、パーソナルデベロップメントエキスパートである。 社会的、個人的、感情的な問題についてアドバイスしています。 この週刊コラムの質問を、件名に「Ask Asad」と記載し、できるだけ詳しく、[email protected]
注:この記事で述べられている意見は著者のものであり、必ずしもThe Express Tribuneの見解を反映するものではありません。

コメントする